最近のトラックバック

トップページ | 2006年9月 »

2006年8月14日 (月)

陶芸教室

Dsc02536_1 楓窯陶芸教室を始めた頃から来てくださっている生徒さんの安部川さん。

なんと、もう15年ものお付き合い、ろくろがとっても上手で、みんなの憧れ的存在。

ちょっと無口で、クールな感じが、かっこいいんですよ♪

今日は半磁土を使って片口を製作中。削っているところ。

人気ブログランキングへ

2006年8月12日 (土)

横浜市根岸の陶芸センター

横浜市

根岸の陶芸センターに行ってきた。

間門小学校のバス停を降り 三渓園の松林の小道を歩くと 白い睡蓮が満開の池が 見えてくる。すぐに陶芸センターの入り口だ。

去年まで毎週水曜日に貸室の指導員として通っていた懐かしい所。

今日のお仕事は、貸室アドバイザーと、25キロの窯から団体教室の作品を窯だし。100個ほどの作品の数と番号をチェックして 底を擦って新聞紙で包み、名前を貼ってダンボールに詰める。只でさえ酷暑なのに窯の熱気でもっと暑い。汗が額から流れ落ちる。でも実は暑いの好きなんだよね。暑い方が気合も入って動ける。夏生まれだからかな?

今日は懐かしい生徒さんにも沢山お会いできて、楽しい一日となりました。夜もぐっすり眠れそうです。

感謝♪皆さんまた会う日まで!!皆さんの陶芸の上達振りを楽しみにしています。

2006年8月 6日 (日)

第42回神奈川県美術展入選

Dsc01088彫刻家の主人の高田大が、県展に出してみなさ~い。と言った。

思い切って応募してみた。

結果の通知ハガキが届いたと主人から仕事場に電話が入る。ドキドキである。家に帰ってからシールをはがしてみると、、、入選していた。

普段のご褒美を、いただいたような気持ち。嬉しい。また、頑張りましょう。

人気ブログランキングへ

2006年8月 4日 (金)

夏休み親子陶芸

今日は、二宮のラディアンで、恒例の夏休み親子陶芸教室を開催しましたよ♪

陶芸がまったく初めてという方もいらしたのだけど、とっても上手でした。

初めの20分くらいは、紐作りの作り方の説明をしました。空気が入ってしまったり、よ~くくっつけておかないと、乾燥する時や焼成してる時に割れたりすることがあること、出来上がりは作った時より一回り(15パーセント位)縮むことも忘れてはいけません。

山本さん率いるトトロの巣のベテラン組も、おしぼり入れ、マグカップやハートのスープカップ、ご飯茶碗や砂糖入れ、サメ~(←芸術的!?)な作品まで、楽しい作品がたくさん!!出来上がって喜んでくれるのは、やはり嬉しいものです。

皆さん、来てくれてありがとう♪楽しかったですね♪

写真をクリックしていただくと、アルバムが出てきますよ♪

人気ブログランキングへ

2006年8月 3日 (木)

高田律子の陶芸日記

楓窯陶芸教室

夜のクラス新開設! ・・・随時一日体験教室受け付けております(材料費のみ)・・・

☆自然あふれる

中井町

で、ぬくもりあふれる陶器を、作って、使ってみませんか?

土練りから、ゆう薬掛け迄、初心者の方でも、本格的な陶芸が楽しめます♪

横浜市

陶芸センターなど指導経験豊富な講師が、基礎から上級まで、親切・丁寧・熱心に、お教えします。

粘土は、信楽の土を中心に、その他多数そろえています。ゆう薬も10色以上あり、灯油窯で焼成しますので、深い色が出ます。

技法: 紐作り、タタラ、くり抜き、型押し、電動ろくろ(4台)

装飾技法: 練り込み、象がん、掻き落とし、貼花、印花

絵付け: 鉄絵、呉須絵、

色化粧土: 白、ピンク、水色、黄色、黒、緑   

入会金 1万円 

月会費 8千円 (3回/月)《材料費、焼成費込みで:1,000/粘土1キロ》

                    

月曜クラス:午後1時~4時。 火曜クラス:午後1時~4時。6時~8時。 日曜クラス:午前9時~12時。午後2時~5時 (振り替えできます。)

陶芸講師: 高田律子

略歴: 女子美術大学卒。日本クラフト展、神奈川県展入選。三越、ギャラリー喜久田など個展、グループ展多数。陶芸センター、(株)カルチャー、ヴィマーナにて講師

お問い合わせは

有限会社高田プロジェクト 楓窯陶芸教室 高田律子

259-0144

神奈川県足柄上郡中井町半分形271

 

Tel.0465813005 

トップページ | 2006年9月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ